海苔メジナ海釣りのタックルはコレだっ!Wear's Choice
あの釣具は何処の?熊本 温泉仕事が無い・・・。
メジナ・メジナ・メジナ
三浦半島の磯 半夜釣行The choice of clothes
美味美味通販
38取り込み中

2011年07月05日

2011/6/29 猛暑日に剣崎灯台下の磯で海苔メジナ釣り。

先週末は夕方から雨の予報。梅雨では仕方がないと諦め、平日の
天気の良い日にでも・・・と、JUNさんと6/29釣行してみた。



当日は既に朝から真夏日。海苔を採取していても汗・汗・汗。
この時点では、釣り場が微風状態などとは微塵も思わず、
ひたすら海苔を確保して意気揚々と釣り場を目指していたのだ。

110629_102814.jpg

剣崎の駐車スペースで車から降りると熱気からか一瞬にして
汗が滴り落ちてくる。風がないのだ・・・。しかし、ここまで来て
撤収などするきもなく、釣り座を見渡してみると貸しきり状態の
剣崎の磯。とりあえずは近場の釣り座を確認するが潮色が悪く
濁った状態に近場は諦めて、いつもの灯台下の磯に入る。

この時期の磯歩きは、比較的平坦の剣崎の磯でもかなり辛い。
その上、微風に猛暑日が重なり磯全体が灼熱地獄と化す。
一歩一歩踏みしめながら歩いていると、いきなりJUNさんの足が
止まったかと思った瞬間、今までの動作とは違い瞬時に荷物を
置き海辺に駆け寄ってゆく。ガシッと鷲摑みしたてにはクネクネ
とした軟体動物は即座にレジ袋に収まりJUNさんは万遍な笑顔を
見せている。(笑)

なんとか荷物置き場には到着したものの、あまりの暑さにダウン
寸前である。休憩を十分にとって(約2時間:笑)から準備を
開始する。

海苔メジナ釣り使用タックル
ロッド: DAIKO(ダイコー)/フルフィールド砕波1.25-50
リール:シマノ(shimano) BB-X ラリッサ2500D
ライン:VARIVAS バーマックス磯 VLS 2号
ハリス:ダイヤフィッシング ジョイナーV2 50M1.7号
ウキ :グレックス(GREX)エコノ・ダンガン M 5B イエロー
ガン玉:ヤマワ産業 ゴム張ガン玉 ハードタイプ 2B
タナ :2ヒロ

110629_105914.jpg
実釣開始  pm1:30

三浦半島剱崎 風:南西 波高:1.5m

荷物置き場に到着したときよりも幾分波と風が出てきた。しかし、
まだまだ暑いということもあり風の通す場所を釣り座とする。
偏光サングラス越しに見える海中には沈み根の影。
その周辺を丹念に探ってみる。
しかし、幾ら海苔コマセを撒いてもコッパメジナすら反応はない。
潮も動かないので釣り座を移動。

猛暑のような日差しに判断は鈍り、極力風の当たる場所へと転々
とするがアタリすらない。pm4:00を回った頃だろうか、釣友の
たなかさんが冷たいコーヒーを持って遊びにきてくれた。談笑の
中で剣崎の近況を聞いてみると、あまり芳しくないようだ。

さすがに体力的にも限界が近づいてきていた頃にJUNさんが根掛
りで高切れ。これ以上続けても体調を崩しかねないので残りの
海苔コマセを使いきって撤収しようと、釣り座を移動してコマセ
をドカ撒きする。すると、何気なく投入していたウキが沈んでい
くではないか・・・。
この日、初めてのアタリなので慎重に沈みきるまで待ってアワセ。
そんなに良型とは思えない引きは案の定足裏メジナである。
念のためタモを使おうと思うが釣れることを前提としていなか
ったので、タモは後方の荷物置き場に立てかけてある。。。
サイズもサイズなので抜き上げようとおもっていると、
絶妙のタイミングでたなかさんがアシストしてくださった。
110629_174111.jpg
足裏メジナ

その後は、アタリが出たもののコッパメジナの仕業のようで
フッキングまで至らず・・・日没を待たずに終了。

実釣終了  pm6:00

当分の間、このような暑さは続くと思う。
水分補給はこまめに摂取して熱中症には十分に注意が必要だ。

お勧めの日本酒
合資会社 高橋酒造店
東北泉 大吟醸 斗瓶囲
技術、精神(こころ)、時間と労力を
惜しみなくかけ、酒袋からポタポタと
落ちる雫を斗瓶で受け、火入れをし、
斗瓶のまま−5℃の冷蔵庫で貯蔵。
その年の全国新酒鑑評会に出品した
仕込みは、金賞をとってもとらなくても、仕込み番号の入った
襷をかけて出荷しているこの大吟醸。香りは抑え目だが、
バランスよく仕上がっており、どんな料理にも合わせられる1本。
東北泉 大吟醸 斗瓶囲 金賞受賞酒 限定品10年連続金賞受賞 1800ml

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

posted by 黄色い人 at 15:55 | Comment(0) | メジナの釣り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。