海苔メジナ海釣りのタックルはコレだっ!Wear's Choice
あの釣具は何処の?熊本 温泉仕事が無い・・・。
メジナ・メジナ・メジナ
三浦半島の磯 半夜釣行The choice of clothes
美味美味通販
38取り込み中

2011年06月07日

2011/6/4 荒れ荒れの剣崎灯台下でメジナとアジ釣り

火曜日(5/31)に釣行していたため、週末の釣行は予定に入れて
いなかった。あまりに暇だったのでツーリングを兼ねて、相方の
タケさんがいる三浦まで遊びに行こうかとメールを送信。しかし、
タケさんは、まだ寝ていたご様子で、寝ぼけているのか?(爆)
釣行は迷っている・・・と、タケさんらしくないメールを着信。^^;
数回のメールのやり取りの後、でわ、行きますか〜♪と、
結局は釣に行くことになったのはいうまでもないが・・・(^^ゞ





汗だくになりながら準備も終わり環八の渋滞がなければ、
待ち合わせ時間には楽勝♪と思い出発するが、いきなり環七で
渋滞。まだ、家を出発してから5分も走っていないのに・・・(汗)
裏道→裏道→裏道と、車では到底通行できない裏道を駆使して
なんとか環八にでたと思ったらまたもや渋滞・・・(大汗)
またもや裏道→裏道→裏道で第三京浜の玉川通過。。。
やっと法廷速度での走行が可能になり数十分遅刻でタケさん宅
に到着。(大汗)まぁ、今回は昼にド干潮の-2cmだったので、
そんなに焦ることはないのだが・・・^^;

無事到着後はタケさんの車に荷物を積込み、ここからはのんびり
と三浦に向かうことになる。立寄る頻度の高いpoint港南台店は
セール中ではないので今回はスルー。オキアミ、アミコマセを
購入後、三浦到着はpm2:30を過ぎた頃に・・・。

駐車スペースから見える釣り場には、そこそこ釣り人の姿が・・・。
今回はメジナとアジを狙うのでで水深のある釣り場を選択する。。

先着の岩澤さんと、たなかさんも交え談笑しながら準備を開始。

海苔メジナ当日の使用タックル

ロッド:ダイコー(DAIKO)FULLFIELD 砕波 ISO 1.25号−50
リール:シマノ(SHIMANO) BB−X ラリッサ(LARISSA) 2500D
ライン:ダイヤフィッシング フロストンVX 150M2号
ハリス:DUEL(デュエル) H.D.カーボン 我流グレ 50m / 1.75号
ウキ :タカミヤ(TAKAMIYA) 武勇伝NEOどんぐり L 5B
ガン玉:ヤマワ産業 ゴム張ガン玉 ハードタイプ 2B
配合餌:なし
タナ :2ヒロ

既に実釣中のたなかさんはアタリがあり活性は高そうである。
いつになく急々とコマセの海苔を切り(砕き)終わり準備完了。

実釣開始  pm4:00

三浦半島剣崎 風:南西強風 波高1.5m(当日の予報)

110604_155531.jpg

時間、潮位を考えても既に大型(良型)メジナは、このポイント
に入ってきているはずなのだが、波と正面からの風で仕掛けが
落ち着かない。その上、切れた海草がラインに纏わりついてしま
う。仕掛けさえ上手くトレースできれば大型(良型)のメジナは
海苔餌を食ってきそうなのだが・・・。海苔餌を流れに合わせて
トレースできなければ仕方がないので釣り座を移動する。
次は風を背にできるポイントなのだがアタリはなく、餌盗りも
いないようだ。対岸に向けてフルキャストで磯際を狙うが反応は
ない。攻めあぐねていると、畠山さんのお姿が・・・。
しかし今回は釣行ではなく遊びにきてくださったようだ。

談笑をしつつ、前日の状況をお伺いすると、足裏の猛攻を
かわしながら40upをGetされたとのこと。やはり、この方は
只者ではない・・・。^^;
メジナのサイズを選んで釣ってしまうのだから・・・。(汗)


110604_174001.jpg
談笑しながらアタリを待つが一向に海苔餌に反応がないので
沈み根が馬の背になったポイントに仕掛けを入れてみることに。
仕掛けが馴染み始めたところでウキがシモリ始める。
十分に海苔餌を食い込ませウキが海中に沈みきったところで、
アワセ。小気味よい引きに35upと期待したが残念なことに
足裏メジナ。

その後、ポイントを少しずらして仕掛けを投入。
2〜3度の誘いの後にウキが沈み始めたので一呼吸待ってアワセ。
ロッドから伝わる重量感に、きつめに締めている
フロントドラグがジリ・・・ジリ・・・と鳴き良型の
メジナがかかったことを認識。
急遽足場を移動して、少しでも優位な状況を作ろうとしたところ
で根に潜られてしまう。ラインを緩めたり立居地を変えロッドを
煽ってみるが、一向にメジナは根から出ることはなく
残念ながらラインを切ることになる。

海苔メジナ実釣終了  pm6:30

半夜オキアミの仕掛けに変更

ロッド:ダイコー(DAIKO)FULLFIELD 砕波 ISO 1.25号−50
リール:シマノ(SHIMANO) BB−X ラリッサ(LARISSA) 2500D
ライン:ダイヤフィッシング フロストンVX 150M2号
ハリス:ダイヤフィッシング ジョイナーV2 50M1.7号
ウキ :釣研(Tsuriken) K−4 オレンジ 5B
ガン玉:ヤマワ産業 ゴム張ガン玉 ハードタイプ 2B
タナ :矢引き〜2ヒロ
付け餌:オキアミ LL
コマセ:オキアミ500g強・アミコマセ1Kg
配合餌:なし

アジ狙いで沖の潮流に仕掛けを投入するが潮の動きは緩い。
アタリもなく、たまに付け餌のオキアミが盗られる程度である。
2時間程度のオキアミ餌で餌盗りのフグすら釣れずに撃沈。

そんな状況の中、相方のタケさんはカサゴと黒鯛の43cmをGet!
渋い状況の中でも釣る人は釣れるようだ・・・(汗)


お勧めの日本酒

南部美人浦霞一ノ蔵ゆり花薫光に続いて第6弾。

今回は福島県の曙酒造合資会社の【一生青春



立ち香はなんとも甘いいかにも美味しそうな感じに香り、含むと
鼻を抜ける華やかさはまさにメロンのよう。しっかりした味わい
を感じながらバランスも良い。
メリハリのある輪郭がはっきりした大吟醸酒。
曙 一生青春 無濾過 大吟醸 1800ml


にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

posted by 黄色い人 at 14:49 | Comment(0) | メジナの釣り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。